秋田で相続のご相談は司法書士法人岡田事務所|相続・遺言|不動産登記|成年後見

成年後見

相続の相談は秋田の岡田事務所 HOME > 成年後見 > 保佐

保佐

「精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分な」方が対象とされています。明確な基準をお示しすることは少し難しいですが、下記(1)に掲げた全ての行為をご自分でできない程度の方、というように考えていただいてよろしいかと思います。
保佐開始の審判がされると、以下のような効果が生じます。

(1)次に掲げたような行為をご本人がする際に、保佐人の同意を要することになる。つまり保佐人の同意なくこれらのことを行った場合、後から取消すことができる。

ア 不動産や元金の受領
イ 借財または保証
ウ 不動産その他重要な財産の取得や処分など
エ 訴訟行為
オ 贈与・和解・仲裁合意
カ 相続の承認・放棄、遺産分割
キ 贈与を受けることの拒絶など
ク 新築・改築・大修繕など
ケ 短期賃貸借の期間を超える賃貸借

(2)場合により、保佐人が法定代理人としてご本人に代わって様々な法律行為を行うことができるようになる。 (例;預金の管理、介護契約・医療契約の締結、遺産分割など)

ページのトップへ戻る

相続の相談なら司法書士法人岡田事務所

司法書士法人 岡田事務所

〒010-0951
秋田県秋田市山王六丁目9-19

TEL.018-864-1090
FAX.018-864-0120
[月〜金曜日] 08:30〜17:30
[休業日] 土・日曜日、祝日
[駐車場] 有り
※第一金曜日の営業時間は、08:30〜15:00となります。
※土日祝日でも、事前にご予約いただければ対応いたします。
事務所案内はこちら