秋田で相続のご相談は司法書士法人岡田事務所|相続・遺言|不動産登記|成年後見

債務整理

相続の相談は秋田の岡田事務所 HOME > 債務整理

サラ金からの借入れが重なって支払えなくなった

サラ金業者5社から合計400万円の借入れがあったAさんは、毎月利息の支払だけで精一杯の状況でした。そこで司法書士に相談したところ、債務額を合計120万円まで減額し、これを無利息で3年間(36回)かけて支払うことで借金を完済することができるようになりました。

クレジットカードを使いすぎて支払いが苦しい

無駄遣いをしてしまう癖のあるBさんは、クレジットカードの支払が月10万円を超えるようになってしまいました。そこで司法書士による債務整理の結果、残金を分割払いで返済することで和解が成立し、新たなクレジットカードも利用できなくなり、正常な生活を取り戻すことができました。

親が事業を失敗して多額の負債を負った

家を新築したばかりのCさんですが、父親のPさんが経営していた会社が倒産してしまい、Pさんが多額の債務を負うことになってしまいました。心配になって司法書士に相談したところ、幸いCさんはPさんの保証人などにはなっていなかったので、自分に債務が降りかかることはないことがわかりました。
Pさんが破産してしまっても、基本的にCさんの生活には影響ありません。ただし破産する前にPさんが亡くなった場合は、債務をCさんが相続してしまいますので、相続放棄の手続をとる必要があります。

過去にサラ金やクレジットを完済したことがある

実は、Dさんはサラ金業者からお金を借りていたことがあります。3年前に全て返し終わって今は正常な生活を送っていますが、払いすぎたお金が返ってくるという話を耳にして司法書士に相談しました。
5社から最大で200万円ほど借りていたDさんですが、計算の結果70万円の過払い金があることがわかり、これを取り戻すことができました。

知人の保証人になったが、その知人が破産してしまい多額の請求書がきた

Eさんは、親友のFさんがサラ金業者からお金を借りるときに頼まれ、断りきれずに保証人になりました。その後なんとFさんは破産し、Eさんのもとに80万円の請求が来てしまいました。一度ではとても支払えないので司法書士に相談し、Eさんに代わって交渉をしてもらった結果、債務は50万円に減額されたうえ、月々15,000円の分割払いで支払えばよいことになりました。

長い間サラ金への返済を続けている

Gさんは15年ほど前にサラ金から50万円借りたのをきっかけに、借り増し・返済のための借入れを繰り返して、 現在は8社の合計で残高が400万円ほどになっています。
返済の見通しも立たないので司法書士に相談したところ、2社で残高はほぼゼロになり、 6社合計で300万円を超える過払いが発生していました。Gさんは苦しい返済から解放されたばかりでなく、 多額の過払い金を取り戻すこともできました。
ページのトップへ戻る

相続の相談なら司法書士法人岡田事務所

司法書士法人 岡田事務所

〒010-0951
秋田県秋田市山王六丁目9-19

TEL.018-864-1090
FAX.018-864-0120
[月〜金曜日] 08:30〜17:30
[休業日] 土・日曜日、祝日
[駐車場] 有り
※第一金曜日の営業時間は、08:30〜15:00となります。
※土日祝日でも、事前にご予約いただければ対応いたします。
事務所案内はこちら